スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
咳はゼロが目標?
2005 / 11 / 10 ( Thu )
「しゅんちゃんの治療の目標も『発作ゼロ』ですよ。どうして発作ゼロをめざすかというと、発作が起こることが発作のいちばんの原因になるからです。『発作ゼロ』をめざしてはいますが、『咳=発作』ではないんですよね。」「咳って、何で起こるんでしょう?気管、気道にある、異物や分泌物を外に出すために起こるんですよね。どんな時に出た、なんのための咳なのか?ってことも、ちょっと引いて考えられたら良いかな?って思いますよ。」


投稿者:はとぽっぽさん 投稿日:2005/11/10(Thu) 23:43 No.1504

3歳の息子は、今まで飲み薬のみ(テオドール、オノン、メプチン、ムコソルバン)でしたが、風邪を引いたときなど、平均すると月1回程度小発作が出るので、フルタイド吸入中心の治療に方向転換の途中です。
今は、フルタイドと飲み薬と両方やっています。フルタイドが安定して出来るようになったら、飲み薬はオノンだけにする予定です。
先生より「治療の目標は発作ゼロ」と説明を受け、飲み薬だけでは発作が起きるからということで、フルタイドに切り替えることになりました。
でも、ここで皆さんの書き込みを見ていると、風邪を引いたときに小発作が出て、インタールの吸入をするという形が多いように感じました。それさえもゼロにする為にフルタイドにするという、先生の方針はもしかして過剰ではないかと、少し心配になりました。
みなさんの治療の方針をお聞かせください。

また、息子は今でも一日5~6回咳をします。そのとき、結構ゴホゴホとタンがからんだような、咳をします。走った後や大泣きした後や、静かに遊んでいるときでも出る事があります。
治療の目標は、この数回の咳さえも封じ込める必要があるのでしょうか?
みなさんの先生の目標は、どんな状態ですか?




投稿者:さくら 投稿日:2005/11/12(Sat) 00:24 No.1513

はとぽっぽさん、こんばんは。
しゅんちゃんの治療の目標も「発作ゼロ」ですよ。
どうして発作ゼロをめざすかというと、発作が起こることが発作のいちばんの原因になるからです。

ダニやハウスダストなどのアレルゲンや、煙、冷たい空気などが気管支に入ったとき、喘息でない人なら特に何の反応もしないのですが、喘息の人の気管支は過敏に反応してしまい、気管支が炎症を起します。
そしてタンが出たり、咳が出たり、息の通り道が狭くなってゼーゼーして息が苦しくなったりする喘息発作が起こります。

発作が起こってしまった後の気管支は、しばらく炎症が残っていて、それまで以上に過敏な状態になっています。
この状態だと、気管支が前よりももっと少ない刺激にも反応してしまい、発作が起こりやすくなっています。
これが発作が発作を呼ぶ「喘息の悪循環」です。
つまり、発作が起こること自体が、次の発作を起こりやすくする原因となり、どんどん悪循環に陥ってしまうので、発作を起こさないことがいちばんの治療になるというわけです。

「発作ゼロ」をめざしてはいますが、「咳=発作」ではないんですよね。しゅんちゃんも以前は咳が出ると必ず発作が出ていたので、私は「咳=発作」と思っていました。
でも先月風邪をひいたとき、いつもならこれだけ咳込んで吐いたりすれば間違いなく発作になっている、っていうくらいの咳込みで、救急外来を受診したのですが、胸の音はきれいで、発作は起こしていなかったんです。
次の日かかりつけの先生の外来を受診したら、「喘息がコントロールできるようになってきたから、風邪をひいても発作にならなくなったんだね。」とのことでした。

しゅんちゃんも笑いすぎてゴホゴホ咳が止まらなくなることがよくありますし、大泣きした後にも咳込んだりします。
でも、「咳がちょっとでも出たらダメっていうわけじゃないんですよ。
咳が出てもゼーゼーしていなければ発作じゃないし、充分コントロールできているうちに入りますからね。」と先生はおっしゃっていました。
もしかして、はとぽっぽさんの息子さんも今も咳が出ているとのことですが、発作にはなっていないのかも。。と思ったのですがいかがでしょうか?

インタールの吸入のことですが、しゅんちゃんは気管支拡張剤のメプチンと一緒に、発作が起こっていないときでも毎日朝晩吸入しています。
これは発作を予防するための治療として行なっています。
もちろん、メプチンは気管支を拡げるお薬ですから、発作が起こっているときにすれば発作止めの効果がありますが、かかりつけの先生の指示で、発作が出ているときに使う場合は、毎日している朝晩の分を含めて1日3回まで、それで発作が治まらないときにはすぐに救急を受診することになっています。

日本アレルギー協会のHPの「喘息治療ガイドライン(小児編)」には、重症度に合わせた治療ステップが出ています。
かかりつけの先生の治療方針と見比べてみると、先生の方針が過剰なのかどうかがお分かりになるかもしれませんよ。




投稿者:yulanさん 投稿日:2005/11/12(Sat) 15:53 No.1522

こんにちは。

咳って、何で起こるんでしょう?気管、気道にある、異物や分泌物を外に出すために起こるんですよね。
だから、健康であっても起こります。どんな時に出た、なんのための咳なのか?ってことも、ちょっと引いて考えられたら良いかな?って思いますよ。

 我が家でも、目標は発作ゼロです。我が家の場合、発作が頻回だった頃にはステロイド系の薬をまだ使えない(ゼロ歳児でしたから)ので、自宅で吸入をしてコントロールを付けていきましょうということでした。
 内服もオノンだけですが、追加の内服も有りますし、吸入液も処方されています(どちらも発作を起こすようなら使用)。

 どの医師に聞いても、やはり「吸入は発作予防」という考えですから、早め早めに使って、小発作に至らないように(親が)気をつけている、という状態です。
 うちは「風邪」を引いて発作に、というパターンが意外と少ないんですよね。というか「風邪」って鼻水+熱とかですか?うちは鼻水垂らしたら要注意、聴診をしつつ、追加の薬をいつ飲ませるか、ちょっとドキドキです。
 でも1歳半を前後に、とても強くなりました。はな垂れも少なくなったし、ちょっとゼイゼイしていても自宅でコントロール可能になったし、今回は夜間診療にも行きましたが、内服増量(抗生物質)で熱も治まり、元気も回復、食欲も戻ってきました。体力が付くって、とても大切なんだなって思いますよ。

お互い、頑張りましょうね。
スポンサーサイト
 ・喘息治療でめざすものは? | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。