スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
猫を飼い始めてから症状がではじめました
2005 / 11 / 13 ( Sun )
「実は私も喘息持ちで、猫を飼い始めてから症状がではじめました。その為、性能のいい掃除機を買いまめに掃除をしていますが、猫の毛はつねに服や布団についている状態なんです。」


投稿者:かいとんさん 投稿日:2005/11/13(Sun) 00:14 No.1534

はじめまして。かいとんです。子供が風邪をひいて、病院にいったのですが、喘息ではないかと言われました。実は私も喘息持ちで、猫を飼い始めてから症状がではじめました。その為、性能のいい掃除機を買いまめに掃除をしていますが、猫の毛はつねに服や布団についている状態なんです。ついにうちの子も、と思いショックでした。でも、咳と言っても風邪で鼻水もすごいし、ヒューヒューいうわけではなく、痰が出し切れずに何度も咳をしているようにもみえるし、私の喘息の症状を思うと、ほんとに喘息?と思ったり。みなさんのお子さんが初めて喘息とわかったとき、どのような症状だったのか教えていただきたくてメールしました。




投稿者:ながさまさん 投稿日:2005/11/14(Mon) 07:59 No.1547

かいとんさんおはようございます。2才の息子が8月にぜんそくと診断されたながさまと申します。うちの場合は私が引いた風邪をうつしてしまったのが始まりでした。風邪の症状は良くなっているのに咳だけがぬけない。出る日もあればない日もある。そんな状態がおかしいと感じ受診した結果はぜんそく様気管支炎。2~4週間で治ると言われたのですが治らない。で、ほかの先生の意見も聞きたくて別のクリニックにいったら「ぜんそく」と診断されました。そしてそこのクリニックから今のアレルギー専門医を紹介してもらい治療しています。
今回書き込みしたのは前回のかいとんさんの書き込みにネコを飼っていると書いてあったからです。うちも17歳になる猫がいます。息子のアレルギー検査でも猫がでました。正直ショックでネコも家族だし、ぜんそくについて調べてもペット厳禁みたいにかいてあるしどうしたらいいんだろうと悩みました。
でも今のかかりつけの先生とお話しして気分が少し晴れたのです。息子はネコアレルギーではあるけれど原因は決してそれだけではない。ネコは見えているアレルギーできっとそれはほんの底辺にすぎない。仮に今猫を手放しても症状が良くなるとは限らないと。だとしたらそれよりも一緒に生活しながら薬を使って今の状態を改善する事を考えましょうと言われたんです。もしネコの近くに行くとお咳がひどくなるんだと言うような場合になったらその時は考えましょうと言われました。
その言葉を聞いてほんの少し気持ちが楽になりました。猫アレルギーが出てからうちのネコはみんなが知らずに遠ざけていて可哀想でした。
この結果を主人と相談して俄然張り切りました。今ネコのそばへいっても咳は出ないんだからそれを維持しようって。そうしないと家族バラバラになっちゃいますもん。ネコも大切な家族ですものね。
で、さくらさんご夫妻のところではないですが家の中を見回し改善出来るところを探し改善し今も改善中です。まずは当時夏だったのでエアコンを業者に頼んで掃除してもらいました。次に空気清浄機を2台買いました。ほぼ24時間運転しています。秋になり乾燥してきたので加湿機も買いました。石油ストーブをオイルヒーターにしました。ベットのマットレスはミクロガードでカバーしてその上に洗えるベットパットをシーツの様に使い、お布団は羽毛から洗えるお布団に買えました。カーテンもこまめに洗います。衣類も綿のものなどを着る様に心がけています。お金はとってもかかりましたが家で咳のでなくなってきた息子をみるとやってよかったなと思っています。
そしてネコに関してはだっこした後はコロコロできちんと毛をとる。ベットに上がっていた後もコロコロで毛をとる。朝は拭き掃除をしてから掃除機をかけるなどをしています。お布団にもお洋服にも常に毛のついている状態とありましたが、かいとんさんのがんばりできっと改善出来ると思います。うちもこれで毛はずいぶん減ったと思います。あともしかいとんさんのネコちゃんが若いネコちゃんならシャンプーをこまめにするといいと思います。うちはおじいさんだから体力的にちょっと無理ですがねこちゃんの何がいけないかと言うとネコ抗原というフケの様なもののようです。これは年齢関係なく出るものでとっても軽くて空気中に何時間か浮遊してしまうそうです。だからたとえブラッシングしても悪い事はないけれどそんなに効果があるものではないそうです。シャンプーが一番効果的のようです。これは獣医さんに聞いた事です。
きっとよく考えれば改善出来るところがいろいろあるはずです。同じ猫ちゃんと暮らしているものとして一緒にがんばりましょうね!

スポンサーサイト
 ・ペット・動物との生活術 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。