スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
他の病院とは明らかに「違う!」と感じ、この病院でじっくりゆっくり、しっかりと診ていただこうと思いました。
2006 / 05 / 12 ( Fri )
「『酸素をはかる』からと指に器具を付けられたんです。しかも、吸入中に聴診器で音を聞いてくださっている。。。皆さんはこれがあたりまえのことかもしれませんが、他の病院で時間内でも時間外でも吸入している時に、このようなことはしてもらったことがなかったので、ちょっと新鮮でした。」




Name: まいりんさん Date: 2006/05/12(金) 13:16
「『ここかな?』」・・・その後の病院探し」

昨日、学校から帰ってきた娘の胸の音に?!と感じ、
家庭訪問でもあったので、家でおとなしくしているよううながしたのですが、さっさと遊びに出かけてしまいました。
夕方帰宅した娘は少々頭痛も出、一緒に来たお友達とも遊べないくらい苦しい状態になっていました。
そして夜。咳はほとんど出てないのですが、呼吸が浅く荒く「息が苦しい」と涙を流す娘を見て、さぁ!と会員になっている時間外診療の総合病院へ。

向かう車の中で、すやすやと寝息を立てている娘。
?と思いながら声をかけると、「だいぶ楽になった。」と言うんですよ。
「・・・またか」と正直思ってしまいました。
症状がひどくなり、それ病院へ!と向かう車の中で半ば治まること度々。
ひどい様子を先生に診てもらいたいのに、診察を受ける頃には、ケロッとしているってことも。
楽になるのはとても嬉しいけど・・・・

そんなこんなで吸入をしていただきました。
そこで、「酸素をはかる」からと指に器具を付けられたんです。
しかも、吸入中に聴診器で音を聞いてくださっている。。。

皆さんはこれがあたりまえのことかもしれませんが、他の病院で時間内でも時間外でも吸入している時に、このようなことはしてもらったことがなかったので、ちょっと新鮮でした。
私の中で密かに「ここかな!」と声がしました。

今日、パートを早引けしさっそく時間内に診察していただこうと思っています!p(^^)q
ゼロからスタートしてみますね☆




Name: ひよっぴぃさん Date: 2006/05/13(土) 12:16

こんにちは。ひよっぴぃです。
まいりんさんいい病院が見つかったみたいで
良かったですね@^^@
なんだかアタシも嬉しいです☆

我が家の長女も発作が起きていざ病院へ!
となって向かう車の中で症状が軽くなること多々ありますよ^^;
親としては「なんだよぉ~。苦しいときにみてもらわないとぉ~」
なんてつい思っちゃいますよね。
でも本人にしてみたら楽になるのは良いことなので
喜んであげないといけないですね。
アタシも反省します・・・(汗)

娘さんが少しでも苦しいと伝えたらすぐ病院へ連れて行ってあげてくださいね。
良い病院が見つかったのならなおさら!!
早く状態がよくなるといいですね。

この天気・・・ほんとになんとかならないのかしら??




Name: さくら Date: 2006/05/13(土) 15:00

まいりんさん、こんにちは。
「ここかな!」って心の声、そういう直感って不思議と当たってることが多い気がします。昨日の診察の結果はいかがでしたか?
きっと先生とまいりんさんと娘さんで、喘息寛解への第一歩を踏み出せたんじゃないかなと想像しています。ぜひお話し聞かせてくださいね。

しゅんちゃんも「くるしい。。。病院いきたい。。。」と言って病院にいくと、ゼーゼーが治まっていたことが何回かあります。看護師さんによると、外に出て新鮮な空気を吸ったり、車に乗っているうちに気分が落ち着いたりして、発作が治まることはよくあるのだそうです。
しゅんちゃんなんて笑っちゃうことに、「しゅんちゃん、病院のジュース買いたかっただけなんじゃないの??」なんて看護師さんに言われちゃったことがあるんですよ。病院の自動販売機に、他ではあまり売っていない種類のバナナジュースが売っていて、それがすごく気に入っていたしゅんちゃんはいつも診察前にそのジュースを買って、診察室に持って入っていたんです。(もちろん開けてない状態でですよ。)
まあそれは笑い話ですけれど、子供ながらに病院に行くことでホッして治まるということもあるとその看護師さんはおっしゃっていました。

でもそのくらいで治まる発作でも、子供にとっては苦しいはずですものね。ちょっとの発作でさえ起こさないようにしっかり予防していきましょう!




Name: まいりんさん Date: 2006/05/14(日) 15:55

ひよっぴぃさん さくらさん こんにちは。
行ってきました(^◇^)
夕方の総合病院・小児科は驚くほどに静かで空いていました。
以前かかった時(兄の時にですけど)は午前中のみの診察で、待合室はごった返していたのが嘘のよう。。。

担当の先生はナント!娘と同じ学校の同じ4年生の息子さんを持っていました!(びっくり)

まず今の喘息に対する一般的な概念を教えてくださり、治療法、お薬などもここ数年で変わってきていること、喘息は昔ほど難しいものではないことなどを話してくださいました。
とてもなが~いトンネルに入り込んだのでは?という不安を取り除いてくださったので、そこで気分は軽くなりました

まず、初診ということで「色々聞きますよ~」という前置きのあと、こと細かに症状の期間や状態などを聞かれました。
こんなに聞かれたことも勿論初めてで、返って思い出すのが大変なくらいでした(^^ゞ
そして、私は娘の喘息は「軽い」と思っていたのですが、ひと月に2度以上発作が起こる最近では決して「軽くない」とのこと。「中」くらいだと言われ、愕然としました。

そこで、出された薬がこちらで良く見る「オノン」、発作時に飲む「ベネトリン」、風邪がからんでいるかもと風邪薬を少々。でした。
大体、前例から娘の発作感覚が2週間前後ということで、2週間分出していただき、その間発作が起きたらすぐ診察に来るよう言われました。
「オノン」は、しっかりと毎日飲むように言われました(^^ゞ

これらのことから、他の病院では明らかに「違う!」と感じ、この病院でじっくりゆっくり、しっかりと診ていただこうと思いました。
このお薬が娘に合い、発作の感覚が開いて後には「そう言えば最近発作がないわ☆」と思えるくらいになりたいな~。




Name: ひよっぴぃさん Date: 2006/05/15(月) 22:21

ホントに良い病院、お医者さんに出会えてよかったですね@^^@
とても羨ましいです!
とにかく第一歩。ゆっくり頑張っていって下さいね。

今日はやっと晴れたので布団が干せました^^;
ちょっと気持ち良く眠れそうです☆

我が家の長女もこのところ落ち着いてます。
でもいつ風邪菌が・・。と思うとテンション下がりますけど(苦笑)
梅雨ももうすぐみたいですね。
嫌な季節ですが、頑張りましょうね^^




Name: さくら Date: 2006/05/16(火) 01:54 引用 編集

まいりんさん、こんばんは。
じっくり話しを聞いてくださって、こちらの分からないことをきちんとご説明してくださる、素晴らしい先生にめぐり会えたみたいですね!
私たちがしゅんちゃんの先生を信頼してここまでこられたのも、私たちが疑問に思ったり、不安に思うことをご相談すると、いつでも必ず納得いくまでお話ししてくださるからなのです。

発作の重症度は、1回1回の発作が軽いか重いかということ以上に、どのくらい頻回に起こるかということが重視されているんですよね。
継続的な治療で、2週間に1回だった発作の間隔が広がっていって、いずれはまったく発作が起こらないというくらいにまで早く行けるといいですね。
新しい先生との二人三脚で治療を進めていけば、近い将来にきっと実現できると信じています。

これからがんばっていきましょうね!




Name: まいりんさん Date: 2006/05/18(木) 13:53

ひよっぴぃさんさくらさん
ありがとうございます☆

こちらのHPから 色々な「元気」や「勇気」をいただいて、
一歩進むことができました。

これからも参考にさせてくださいね(*^_^*)

スポンサーサイト
 ・病院・医師との関係 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。