スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
今まで飲んできたテオドールは今後やめていけば問題ないのでしょうか?
2006 / 05 / 05 ( Fri )
「体に蓄積されたり、心臓や肝臓が弱ってしまったり・・・と後遺症はないのでしょうか?」「服用中も中止した後も、興奮して寝つきが悪くなったかなと感じたこと以外には特に副作用があったと感じたことはありませんでした。テオドールは肝臓で代謝される速さに個人差、年齢差が大きく、人によってどのくらいの量で効果が出るか、また副作用が出るのかに差があるそうです。」「これまで何事もなくこれたので、今の時点では大きな副作用はなかったと言えるのかな・・・と思いました。」


Name: ノンタンさん Date: 2006/05/05(金) 01:31

初めて投稿します。
現在5歳になる男の子の母です。1歳前から乳児喘息と診断され
テオドールを飲ませてきました。
今は体重18キロで一日0・8グラムを朝夜2回飲んでいます。
喘息治療のガイドラインが変わり、テオドールより吸入ステロイド
が見直されている話はちらっと聞いていましたが、特に中止した方がいいという指示もなかった為、今まで通り薬を飲ませて来ました。
しかし、急性脳症の話など知り、なんて無責任な判断をしていたのだろうと自分の子供に申し訳なく思っております。
早速主治医に相談して今後の事を決めて行こうと思っておりますが、今まで飲んできたテオドールは今後やめていけば
問題ないのでしょうか?
体に蓄積されたり、心臓や肝臓が弱ってしまったり・・・と
後遺症はないのでしょうか?
どなたかおわかりになる方がいらっしゃいましたら、教えて頂きたいと思います。よろしくお願い致します。




Name: さくら Date: 2006/05/08(月) 06:44
「ぜひかかりつけの先生とよくご相談を」

ノンタンさん、はじめまして。おはようございます。
しゅんちゃんも喘息と診断された当初から、治療の中心となっていたのがテオドールでした。
ノンタンさんの息子さんと同じように、1日2回朝晩に服用しつづけて、有効血中濃度を一定に保つことで効果を維持するというRTC療法でした。
昨年11月に小児喘息ガイドラインが改訂されて、吸入ステロイドが治療の中心となり、テオドールの位置づけが大きく後退したのと時期を同じくして、風邪をひいても発作が起こらないくらいコントロールが良い期間が数ヶ月続いていました。そこでかかりつけの先生と相談の上、今までの治療方針を大幅に見直しして、テオドールやホクナリンテープなどいくつかのお薬を中止することができました。

テオドールを服用し続けることで、中止してからも心臓や肝臓に副作用があるのかどうかということは、私も詳しく分かりません。
しゅんちゃんについて言えば、服用中も中止した後も、興奮して寝つきが悪くなったかなと感じたこと以外には特に副作用があったと感じたことはありませんでした。
テオドールは肝臓で代謝される速さに個人差、年齢差が大きく、人によってどのくらいの量で効果が出るか、また副作用が出るのかに差があるそうです。
ぜひ息子さんの場合はどうなのかということを、かかりつけの先生とよくご相談されてみてくださいね。

「みんなの喘息生の声 テオドール」もご覧になってみてくださいね。




Name: ノンタンさん Date: 2006/05/09(火) 00:07

さくらさん、お返事ありがとうございました。
みんなの生の声読ませて頂きました。
今までの喘息治療では誰もがテオドールにお世話になって
いますよね。これまで何事もなくこれたので、今の時点では
大きな副作用はなかったと言えるのかな・・・と思いました。
テオドールをやめて4日経つのですが、寝つきがとても
良くなりました。この子はあまり寝ない子、寝つきが悪い子
と思い込んでいましたが、これが小さな副作用だったのかも
しれません。。
現在も風邪をひいていて、痰がらみの咳をしていますが
今のところインタール吸入・オノン・ムコダインで様子を見て
いて発作はないと思います。
ただ咳がひどいので、少し不安ですが・・・
ベネトリン吸入をしても変化しない咳の場合、発作の咳では
ないと判断していいのですよね・・・??
発作でなくてもベネトリンを入れたほうが楽になるのでしょうか?
とにかく3歳くらいから、風邪をひくと緑の鼻水&痰の多い深い
咳がお決まりです。発作よりそっちが気になっています。
こんな小さい体でこんな深い咳、大丈夫なのかしら。。。と
思いますが、先生は治りかけは痰が増えるからひどく感じるもの
とお話してました。
みなさんのお子さんも同じですか?




Name: さくら Date: 2006/05/09(火) 00:49
タンを出しやすくする効果もあるそうです

ノンタンさん、こんばんは。
しゅんちゃんも風邪をひいて咳が酷かったときに、インタール+メプチン(ベネトリンと同じ気管支拡張剤です)の吸入をしてもぜんぜん治まらなくて、心配で救急に駆け込んだことがありました。それまでは咳が出ると必ず発作になっていたから、吸入しても咳が治まらないことが不安でたまらなかったのですが、先生いわく「風邪ひいても発作になってないなんて、ちゃんとコントロールできてるってことだよ!」と。
風邪からきている咳だから吸入しても咳は治まらないかもしれないけれど、メプチンはタンを出しやすくする効果もあるから、発作でなくても咳が出ているなら入れたほうがいいとのことでした。

それから風邪をひいているあいだは発作が出なくても、熱がひいてくるころにゼーゼーしてくることがあるそうですから、そのあたりは気をつけて見てあげてくださいね。

スポンサーサイト
 ・テオドール | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。