スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
私は現実逃避をしているつもりはないんですが、喘息にもいろいろあって、風邪と変わらないほど軽いものもあるんでしょうか。
2006 / 01 / 26 ( Thu )
「いわゆる小児喘息とうちの息子が結びつかないのです。うちの子は、しゅんちゃんの病気とは違うんじゃないか、とさえ思えるのです。」「小児喘息と息子さんが結びつかないくらい症状が軽い今のうちにきちんと治療をはじめれば、ぴあのさんの息子さんはしゅんちゃんみたいに悪くならずに治ってしまう可能性だってあると思います。」「ぜんそくが軽いうちに、ぜんそくを知って、予防するってとってもいいことだと思います。」


Name: ぴあのさん Date: 2006/01/26(木) 19:09

2歳の男の子の母です。昨年12月にはじめて喘息と診断されました。今月2度目の発作が起き、血液検査の結果ダニアレルギー5でした。今度発作が起きるとステロイド吸入を毎日するそうです。2度とも入院する程の発作ではなかったこと、病院での吸入と処方されたお薬ですぐに咳も止まったことなどで、普通の風邪より楽だ・・・などと思っていたんですが、発作が起きたらすぐ病院へ、夜間や休診日は救急へ、と先生から指示を受け、少し不安に・・・。こちらのホームページで色々勉強させていただいているのですが(生活術本当に参考になります)いわゆる小児喘息とうちの息子が結びつかないのです。うちの子は、しゅんちゃんの病気とは違うんじゃないか、とさえ思えるのです。私は現実逃避をしているつもりはないんですが、喘息にもいろいろあって、風邪と変わらないほど軽いものもあるんでしょうか。皆さんはすぐに受け入れられましたか?




Name: さくら Date: 2006/01/26(木) 23:48
Title: 早めの治療で早く治るんですよ

ぴあのさん、はじめまして。こんばんは。
ぴあのさんのおっしゃるとおり、喘息発作は初めは軽い症状で起こっていることが多いんですよ。
しゅんちゃんの場合、喘息と診断されたのは初めての入院のときでしたからそのときの症状は重かったわけですけれど、それより前は風邪をひいてちょっとゼーゼーするくらいのことが何度も何度もあって、だんだんゼーゼーの回数が増えていって入院、という経緯がありました。

風邪をひいてゼーゼーしていたころは「喘息様気管支炎」という診断だったのですが、もしそのとき治療を始めていたら、もしかしたらしゅんちゃんは入退院を繰り返すほど悪くならなかったかもしれないって、あとですごく後悔したんです。
だってそのころはまだ、「喘息は早く治療を始めれば、それだけ早く治る」っていうことを知らなかったんですから。

小児喘息と息子さんが結びつかないくらい症状が軽い今のうちにきちんと治療をはじめれば、ぴあのさんの息子さんはしゅんちゃんみたいに悪くならずに治ってしまう可能性だってあると思います。
しかも今かかっている先生は、病院の吸入と処方されたお薬ですぐに治ってしまうくらいの症状のうちにきちんと喘息と診断してくださったり、発作が起こったときにどうすればいいかを丁寧に指示してくださったり、これからの治療方針のこともきちんと説明してくださったり、とても信頼できる先生だとお見受けします。
ぴあのさん、あまり心配なさらないでこれから一緒にがんばっていきましょうね。




Name: ぴあのさん Date: 2006/01/27(金) 13:18

丁寧なご説明に感謝です。
実は、うちのちびちゃん今日も発作で吸入してきました。今度こそは只の風邪だと思っていたんですが・・・。今月2度目です。
軽かったせいかステロイドの話はでませんでした。
今のうちの治療が大事なんですよね。
ゼーゼーという感覚が未だにわからない初心者なので、これから色々勉強させていただくことと思います。よろしくお願いします。
ちなみにちびちゃんは3人兄弟の末っ子です。




Name: よっちゃんママさん Date: 2006/02/02(木) 21:42

もっと早くに書きこみしようと思っていたんですが、遅くなりました。
はじめまして、よっちゃんママと申します。
うちの息子は3歳9ヶ月の時、昨年9月にはじめて、喘息の中発作で2週間、入院しました。
実は、それまでにも春先に明け方から咳が止まらなかったり、保育園でも咳で寝られなかったり、兆候はあったのですが、お医者さんには「喘息ぎみ」とか言われて、大して気にしてませんでした。そもそも「ぜんそく」をまずよく知らない。
入院してみて、初めて「ぜんそく」を知り、それでも受け入れられなかったくらいです。ちなみにダニ・ハウスダストへのアレルギーは6をふりきって測定不能ということでした。
入院中、愕然としていたとき、ちょうどテレビでしゅんちゃんご家族とこのHPについて紹介していて、それ以来、本当に精神的にも、具体的にも先が見えた気がしました。
お薬を飲み続けることになってからも、時々やめたくなりますが、
本当に発作が起きなくなって数年たってみて初めて完治したと言われる
までは頑張ります。
今のところは、入院以来、風邪はひいても小さな発作も起きていません。
さくらさんも書いていましたが、ぜんそくが軽いうちに、ぜんそくを知って、予防するってとってもいいことだと思います。
一緒にがんばりましょうね。

スポンサーサイト
 ・喘息を受け入れられません | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。