スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
URL変更のお知らせ
2007 / 05 / 05 ( Sat )
「みんなの喘息生の声」は、以下のページにお引っ越ししました。

「小児喘息・アレルギーみんなの生の声」
>>> http://happyfu-fu.com/zensoku/namanokoe.html




ブックマークの変更を、よろしくお願いいたします。

ひろしとさくらのブログもどうぞ!
「親ばか生活術 親子の会話でハッピー子育て」
>>> http://oyabakaseikatsujutsu.blog76.fc2.com/
スポンサーサイト
◎お知らせ | page top↑
どんなのが、小発作で、どんなのが、大発作なんでしょうか?また、そのとき、どんな風にしてやれば、いいんでしょうか?
2006 / 05 / 27 ( Sat )
「子供は咳き込んでたら小発作でゼーゼー聞こえてたら中発作。夜中に咳き込みで眠れず吐いてたら大発作(肩呼吸もします)、チアノーゼやゼーゼーが聞こえず反応しなくなったら重積発作と判断しています。」
みんなの生の声を読む
 ・これって喘息?発作の特徴 | page top↑
薬を使い始める前は相当辛かったはずですが大きな発作が起きるまで何も言わず我慢していたんです。
2006 / 05 / 26 ( Fri )
「学校では毎日保健室で寝ていました。それも後から先生に教えてもらいました。。小さな時から病気ばかりを繰り返す子でした。おかげで辛さや痛みに耐える事を体が覚えてしまったのかもしれません。」「心配するお母さんを気遣って・・・優しい息子さんですね。」
みんなの生の声を読む
 ・喘息児を持つ親ならではの悩み | page top↑
夜間の数回の咳も出さないように予防した方がいいものなのでしょうか。
2006 / 05 / 24 ( Wed )
「ここ数日夜間と早朝(寝ている時)に咳をするようになりました。殆ど治りかけていますが副鼻腔炎も持っていてそちらかなあとも思うのですが昨年喘息で入院した時も始まりは夜間の咳、1ヶ月後に発作だったので今回も発作の前触れかと不安になります。」「まずは、寝具と寝室の掃除機がけの回数を増やします。ゼーゼーしはじめてからメプチンを使うというより、発作を起こさないようにするために「ちょっと怪しいかな?」と思った段階で早め早めに使うようにしています。」「何もなければいいのですが、夜中に起きる程の咳がでるのはかなりしんどいと思います。ぴったんはそれ以来少しでも咳込むことがあれば診察に連れて来てと先生に言われてます。」
みんなの生の声を読む
 ・喘息治療でめざすものは? | page top↑
2つの病院をかけもちするというのは、だめですよね?みなさんは、個人病院と総合病院どちらにかかられていますか?
2006 / 05 / 23 ( Tue )
「私は家から徒歩数分の個人病院から車で30~40分の総合病院まで数件病院をかけもちしています。掛け持ちをする時の大事な事ですが、
絶対に他の病院の事は言わないようにしています。「ここがかかりつけ!」の態度は崩していません(笑)」「私もまいりんさんと同じくかけもち組です。ただ、まいりんさんとちょっと違うのは、どちらにももう1つ、病院にかかっていることを伝えているところです。」
みんなの生の声を読む
 ・病院・医師との関係 | page top↑
問診と、ムネの音をきき、喉をみただけなんですが、そんなに簡単に診断できるものなのでしょうか?
2006 / 05 / 22 ( Mon )
「現在では、喘息はアレルギーがなくても、気管支の炎症が原因で発作が起こることが解明されて、ゼーゼーヒューヒューを頻回にくり返すという症状だけで、喘息と診断することができるのだそうです。」
みんなの生の声を読む
 ・喘息と診断されてしまいました | page top↑
アレルゲンが特定できないために喘息と診断してもらえず、適切な治療を受けられていないように感じます
2006 / 05 / 17 ( Wed )
「診断をしてもらいたいと思っている理由は、症状が医者から診て軽い方だと、予防を含めた治療を受けられないのかもしれないとも思って、答えを急ぎたいという気持ちになっています。」「喘息の診断はアレルゲンじゃなくてその症状のはず…。」「血液検査は年齢が低いと陰性と出てしまうことも多いので、検査の結果から原因を追究して、その原因を取り除くことで発作を起こさないようにする、ということが難しいというところもあると思います。」「お子さんにとって辛いのは、診断がつかないことではなく、症状を軽減してくれないことではないでしょうか?」
みんなの生の声を読む
 ・喘息の診断と検査 | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。